So-net無料ブログ作成
検索選択
無名世界観日記? ブログトップ
前の15件 | -

アイドレスIN ~記憶を想いだして~見てごら~ん [無名世界観日記?]

 ということでアイドレス再開に向けて色々と(マイル口座とか出してた質疑確認とか所有アイドレス確認)チェック中なう。

 組み込み申請とかは停止する前に既に終わっているから特に問題ないんだよねぇ。あとは……エンディングもとい終わり方によっては去年の2月頃から考えている事を実行できれば……いいんだけど、それは終了間際時点での所有マイル数にもよるんだよねぇ(ハッピーエンディング的な終わりだった場合、最後の最後に開示申請したいアイドレスがある)

 結局は状況次第、マイル次第なのでどうなるかわからんのだけどね……。



 あ、ちなみにここは基本的には更新はしない方向で気が向いたら(もしくはしたい更新ネタがあった場合は連続更新なんかも)するかもしれない……ぐらいの認識だといいよ。(まだ定期的に見ている人がいた場合の話だけどね)


2012-09-17 16:19  nice!(0)  コメント(0) 

つればるなるままに [無名世界観日記?]

 更新ネタを考えてみる……うーんうーん。思いつかない時は何かを投下しよう。

名称:銀内優斗2(ACE)
要点:青い目,片腕が銀色,M93F
周辺環境:密林
評価:全能力20
特殊:
 *銀内優斗2のACEカテゴリは個人ACEとして扱う。
 *銀内優斗2のみなし職業は名パイロット,戦車エ-ス,WSOとしてみなす。
→次のアイドレス:WSO(職業),竹トンボ(マジックアイテム),パイロット訓練(強制イベント),腕の改造(マジックアイテム)


 この前開示したデータである。というか、なんかコメント事典とネタ被ってるな……。

 ま、いいか。視力回復したけど特殊的には航空機向きじゃないんだよね、能力が(WSOがあるのでコパイ能力はあるけど、航空機は整備できない(I=D、戦車、人型戦車、ウォードレスは整備可能)とか……ってあれ?

前の(銀内優斗)の時の派生のウォードレスダンサーのさらに派生のウォードレスの開発所得してたら自分で使って自分で整備ができたのか……。まぁその場合、生活ゲームで整備できる特殊がないと使いづらいし、そもそも現時点ではプロモしちゃってるから取れないんであんまり今は意味ない話なんだけどね。

 それにしても、HQ所得した場合、強制イベントもHQ扱いになるらしいし、どうもHQ作業しにくいよねぇ(プロモ前にも強制イベントがあった)
 まぁそんなに危ないイベントではないと思うのでそのままにしてたりはするけど、うかつにHQにできんねぇ(というか、実は作業途中までした状態でほったらかしにしてるんだけどね)
 というか、そのしてた作業が結構今更なカンジになりそうだなぁ(初期のゲームのネタを使用しているのであんまりプロモ後の優斗とはあってない)
 まぁ、そもそも次にまたプロモするのか? って聞かれたら特に予定ないからなぁ(今回は視力回復というでかい変化があったからプロモしただけで別にしょっちゅうする気はない人)
 あるとしたら三年のブランクを乗り越えて航空機パイロットチックな優斗クンになってから?


2008-08-02 01:21  nice!(0)  コメント(0) 

手紙を出した [無名世界観日記?]

 ちょっと個人ACEに手紙を出した……。まぁ、その内容は実はもう一個の方に普通に載ってるので見れるのだが(ホントはもう少し見えないように工夫して載せるつもりだったんだけど……忘れてた)

 その手紙作成でいわゆる「会いたい病」というのを認識する。というか、そういう意味で手紙を書いたわけじゃなく、単純に前々回の時かな? しばらく会ってなかった時に相手に無事を心配されてたので近況報告感覚でそのうち出そうと思ってたら別の人の手紙経由で伝言が届いたのネ。

 まぁ、とりたてて変わったメッセージだったとかそういうわけではないんだけど、こう、出す前に出されたというかなんというか。(なので、手紙はその数日前に一度完成させてたけど、出す前に書き直した)

 その、手紙書くと、なんというか、自覚するというか、会いたい病なカンジだったのに気づいたのであった。というか、後一か月……どう考えても航空機視力治療は間に合わないなぁ……などと思う今日この頃であった。


2008-07-07 23:52  nice!(0)  コメント(0) 

物語のヤツの最後のヤツ [無名世界観日記?]

「はい、なにか最近目がみえないみたいなんです……。これじゃあ、航空学校に戻れても乗れないなあ……」


 白い雪が舞う中、そんな言葉を口にする。そんな彼の目はどこか悲しく、遠くを見ているようだった……。

そもそも彼は航空学校に通っていた。10の時にはもう航空機を趣味にしており、もし燃料不足でなかったのなら、
まだ航空学校にいたかもしれない。彼には翼のあるものなら何でもあやつれるという才があった。しかし状況が彼から空を離す事となった。

 そんな彼は視力を失った。実際にいつ失ったのかはわからない。けれど彼が望んでいた道が完全に断たれたのは事実である。


 もはや、望む事はできなかった。そして彼の環境は大きく変わり、名前を変え、眼鏡をつけてでも助けたい人の為に帰ってきた。

 そんな彼は今でも空を望んでいるのだろうか? もしかしたらもう別の大切な事があるからいいのだろうか?
 以前の夢として今は今として生きているのではないだろうか? 
 そんな疑問を持ち、おそるおそる聞いてた。

「目がよければ、そうですね、飛行機にだって乗れるかもしれません」

 彼はあきらめているのではなかった、好きなものは好きなのである。きっと練習機でアクロバットをしたり、低空で背面飛行を今でもしたいのであろう。


 そんな彼の知人にして名医であるトラオ=テンダーブルーに相談を持ちかけた。それこそ他にも名医といった人はいたのかもしれない。
しかし、彼はおそらく信頼できる医師に診てもらうのが一番であろうという事、また一時期は離れていたが青森で、また迷宮などでも一緒にいた事を
考えるにおそらくこれほど信頼できる医師はいないだろう……それがゆえにトラオへと相談を持ちかけた。

 病院に入る前に少し躊躇した彼、真実を知るのが少し怖かったらしい……そんな時に安心できるのは信頼できる医師と支える人である。

 トラオが言うにはほっておいても失明の危険があるという……。もしかしたら失明していたかもしれない……。

 彼の目の治療は個人ACEにならなければ治せないという。他の彼はどうなのだろうか? 一瞬だけ頭を区切った疑問はまぁ置いておく。

 そもそも言い方が悪いが他の彼と彼はかなり違う。こう、なんとも言えないが違うのである。別人といっても良い……というか別人でいいと思うけどね。

 治療は大変な手術になるとトラオ先生に言われた。元々治すには運命を変えて個人ACEにする必要があるといわれたものである。

 それにどのような結果になろうとも絆は変わらずである。物事は鍋のごとく煮えて待つまでわからない。その結果は蓋を開けるまでのお預けである。

 ただ、一つ言える事は……どのような結果になろうとも彼と一緒に歩んで行きたい、ただそれだけである。



r:この話は国民番号管理所に名前のある者にしか公開されない(念の為)




 最後になんかACEに見られると弱点さらけ出しちゃってるよなぁとか思ったりしてrをつけたものである。(r出したらそもそも誰かに伝えたい~の提出物なのに伝わってないジャンという事で提出しなかった)

 まぁ、誰か~というよりは個人宛なカンジだし、ちょっと違うかなぁってのもあったのね。


2008-07-03 01:47  nice!(0)  コメント(0) 

かわいい子には鍋をさせよ(通常版) [無名世界観日記?]



「兄ちゃん、ちょうだい!」

「いやだ!」

 メガネを曇らせていると、そんな言葉が聞こえてきた。

「なんだ……?」

 私は邪道なのを承知しながらもポケットからメガネ拭きを取り出して湯気を取り除いた。本当は鍋を食べる時はメガネを曇らせながら
食べるのが通の食べ方なのだが……

 声のした方を見てみると小学生……ぐらいの男の子と幼稚園ぐらいの男の子が言い合いをしていた。

「にい……」

 今にも泣きそうな弟くん。

「いやだ。だいたいこれは僕のお小遣いで買ったんだぞ。お前はヌイグルミ買ったんだからいいじゃんか」

「でもぉ」

 兄の手にはおでんアイスが二つある。弟君は手に……ああ、王猫様ヌイグルミを持っている。

「それにしても……」

 兄は両手に持ったおでんアイスを美味しそうに食べている。まぁ自分の小遣いで買ったのならかまわないだろうが……
それでも食べ方というのがあるのではないだろうか?

「あー、そこの少年。弟にはやさしくするもんじゃないかね?」

 なんとなく見つけてしまったからかついお節介的に声をかけてしまった。

「!」

 すると唐突にそれまで泣きそうだった弟君だけでなく兄の方も涙目になった。

「え、ええーっと、ど、どうしたのかなぁ」

 い、いかん。この構図はなんか、子供を泣かしているお兄さんではないか。

「お、おっさんまでカイの味方すんのかよぉ」

 お、おっさん!? 失敬な私は28歳と42ヶ月でおっさん呼ばわりされる歳ではないと……普段なら言うのだが、泣きそうだよ
ボーズ。

「あ、あー。までって事はなんかあったのか?」

 カイってのは弟の名前だろうと予測できた私は相手の話を聞く事にした。理由がわからんと対処できん。

「……さっき、店で王猫様買おうとしたら一個しかなかったんだよ……」

 兄はそう言うと思い出したのかえぐえぐと泣き始めた。

「あー、それはそれは……」

 いわゆるお兄さんなんだから我慢しなさいというヤツか……なんとなく状況を察した俺はこれは言葉で言ってもわからんというか
納得しないだろうなぁっと思いつつも横に置いていたクーラーボックスから鍋を取り出した。

「ボウズ、そういう時もあるさ。どうだ? おにいさんと弟と一緒にこれ食って仲直りしないか?」

 おにいさんを強調しつつも私が取り出したのは食後のデザートのつもりで用意していたパフェ鍋である。アイスリームにバナナ、
たっぷりの生クリームとチョコレートがこれでもかと鍋の中につまっている私のオリジナルデザート鍋である。

「「!」」

 鍋の中身を見た兄弟はビックリ顔で私を見つめた。涙チョロチョロだった顔にはひそかな期待感が出ている。同じ様な顔が二つ
並んでいる事に心の中で苦笑しつつも私はスプーンを三つ取り出した。

「仲直りするなら分けてやってもいいぞ?」

「「うん!」」

 これまた良いお返事である。まぁ本来なら食後のデザートで食べたかったのだが、まぁこれぞ道端鍋である。ひょんな事で
知りあった人と食べるという事が楽しいのであり、本来の予定なんぞあんまり関係ないのである。

「「美味しい!」」

 まぁ、仲良く食べる兄弟の顔ってのは癒されるじゃないかい、ボーイ&ボーイ。
 

 私は最近の食事は道端でするようになっている。それは今日のような子供との出会いもあればおばちゃん達の井戸端会議に参加したりすることがある。
これは中々に面白い。「鍋は鍋友の始まり」ということわざを実行しているつもりはないが、かなりの友人が出来たのは事実である。

/*/


 今日は幸運であった。肉屋で余った豚骨をもらったのである。これで豚骨ベースの出汁を作ってラーメン鍋ってのもいいかもねぇ

「今日はいい天気だねぇ」

 天気も祝福しているかのように晴天である。これはますますいいねぇ。

「ねぇ、おじちゃん」

 そんな私を後ろから呼び止めたのは昨日の弟君であった。

「おう、ボウズ。元気か?」

「うん。おじちゃん、昨日はありがとうございまちた」

 弟君はそう言うとペコリとお辞儀をした。わざわざ礼に来るとは親のしつけがなってるねぇ。

「ん? ボウズ、にいちゃんはどうした?」

 私の言葉に弟君は顔を曇らせた。

「あのね、にいちゃん昨日冷たいの食べ過ぎてピーピーになっちったの」

 ……そういえば、パフェ鍋食べる前におでんアイス二個食ってたっけかあのボウズ……。

「……そうだ。ちょっといいか、ボウズ」

 私はそう言うと胸ポケットから手帳を取り出してサラサラと書くとそのページを破り弟君に手渡した。

「にいちゃんにソレ渡してくれるか?」

「うん」

 元気よく返事をする弟君。うん、いいお返事だ。


/*/

 今日は朝からずっとこの調子である。昨日の夜から調子が悪い……。

「にいちゃん、にいちゃん」

 カイがドタバタと帰ってきた。腹に響くから走るのはやめてほしいよ。

「……カイ。走り回るのはやめてよ」

「にいちゃん、これおじさんから」

「? おじさん?」

 カイが持っていた紙を広げるとそこには紙いっぱいの文字がかかれてあった。

"兄貴はツライだろうけどガンバレ! おでんアイス一個弟にやってたら腹こわさなかったかもな。あとグチならいくらでも聞いてやるよ"


「昨日のおっさんか……」

「あ、にいちゃん」

「ん、なんだ?」

「あのね、おじさんが「今度会った時はお兄さんと呼ぶように」って言ってたよ」


/*/*/*/*

 ということでこれがネコリス物語に投下した話の文字数を減らす前の文である。といってもそれほど変わるわけではないけどね(数箇所削っただけ)

 


2008-06-28 01:52  nice!(0)  コメント(0) 

次の話 [無名世界観日記?]



 あまり知られていないが鍋の国には広場といった場所が多い。広場といっても野原だったり公園だったり噴水があったりと各種様々であるが、
広場にはかならずといっていいほど水場があった。平日の昼には子供の遊び場、ベンチでの奥様の井戸端会議といった使われ方が多いが、
平日の夜、そして休日になるとその様子は一変する。広場は臨時の鍋パーティの会場に早代わりし、あちらこちらで鍋が行われているのだ。

 そんな広場も平日の夕方までは子供の遊び場である。夜になると近所のおっちゃんが鍋パーティの為に水場で野菜を洗い、広場をシートで覆う。
そんな時間になるとおっちゃん達にせかされるように子供達は家へと帰り夕食を家族で過ごすのだ。その為か、



 と、これまた中途半端なとこで終わっている。というのも前回のクイクイの話の続きを数日後に書こうとしてなんか文体が違うよねぇっと思ってやめたからである。(長くなるというのも理由の一つだったけどネ)

 なんか、完成してるのないじゃんと思うかもしれないのばっかだねぇ。ちなみにこのネタはあと二つ。一つは投稿した作品の完成版(実は投稿の際に文字数オーバーしてたので描写を削ったのね。

 さらにもう一個は誰かに伝えたいの方に投稿しようと思って書いたが状況の変化やら、なんか伝えたいんだか伝えたくないんだかよくわからなくなったので投下をやめたものである。(なので一応どっちも最後までかかれてるんだね)


2008-06-25 21:14  nice!(0)  コメント(0) 

ふたちゅめ [無名世界観日記?]



「いけいけボクラのクイクイ!」


 のほほんとのどかな昼下がりの鍋の国、今日も今日とて鍋のにおいがあちらこちらから漂ってきます。

 ニャーニャーニャー!

 あっちの道端では井戸端会議鍋中のおばちゃん達が楽しく談笑しながら鍋を食べています。今日は市場でもらってきた魚を使った海鮮鍋のようです。

また道の反対側では学生が帰りの道草とばかりに駄菓子屋でおでんアイスを買っています。

 そんないつも通りの道をニャーニャーと歩くのは猫のクイクイです。本当は不思議生物なので猫じゃないけど、猫の格好をしているクイクイは
最近お気に入りのニャンニャンサンダルを履いてお散歩中です。

 ニャーニャーニャー!

 歩くとサンダルからは猫の鳴き声がします。猫サイズ用のサンダルが発売されるようになってからのクイクイ愛用のサンダルとなりました。

「あ、クイクイだ!」

 クイクイのお散歩に気づいた子供達が集まってきます。クイクイは子供から大人気でした。

「こんにちわ、みんな学校の帰り?」

「「うん」」

 鍋の国で猫の姿でしゃべれるクイクイは大人気です。というか、まぁ猫じゃないのですが、そんな細かい事は子供達にとってはあまり関係ありません。

「クイクイ、今日学校の給食でお魚の鍋があったんだ。あげる」

 子供達の集団にいた女の子が魚の骨を差し出しました。

「あ、ありがとう」

 べ、別に犬じゃないんだけどなぁっと苦笑しつつもクイクイはもらいました。まぁ、夕食の鍋の出汁にでも使えばいいしネ。

「なぁ、クイクイ、今から野球するんだけど一緒に行かねぇ?」

「野球? いいよ」

「ヤッター」

 夕方五時までに終わるだろうし、まぁいいかな? とクイクイは気安く引き受けた。



 ちなみに採用しなかった(途中までだけど)のはなんか、文字数が収まらないような気がした為である。というか、こう説明部分多くなりそうな気もしたしねぇ(ちなみに一つ目、二つ目と書いているけど、書いた順番は結構バラバラです)

これも別に続きを書く予定はない……というか、特に先は考えてない(というか、感覚で書いているので実際どう書いてた場合、どのように終わってたのかはわかんないのである)
 ホントはプロット書いて書いた方がいいんだろうけど、今回はどんなネタにしようと思いつつ、つらつら書いてたものなので特に最後は決まってないんだよね。多分いじめっこが出てクイクイが説教するんでないかなぁ


2008-06-23 21:26  nice!(0)  コメント(0) 

物語一つ目 [無名世界観日記?]



 ある一人の男の子がいました。その男の子には名前がありませんでした。戸籍もありませんでした。
その男の子は国の王子の身代わりだったのです。

その男の子は普通の子供のように遊んだり学校に行ったりする事の代わりに王子の代わりが勤まるように勉強を教え込まれていました。
 毎日の勉強はその男の子には当たり前でした。遊ぶという事も知らず、名前も持たないという事にも疑問を感じないように教え込まれていたのです。

 男の子の食事は王子の食事の毒見役でした。王子が食べるものなので


 と、中途半端に止まっているお話である。(別に続き書く予定ないのでそのまま出すのであった)

 ちなみに書くのを続けるのをやめたのは……なんか、文字数的に足りないだろうし、どうみても子供に……とか、誰かに伝えたい系の話にはなりそうにないなぁってのが一番の理由であった。

 まだ何個かあるので更新ネタはまだあるのであった。


2008-06-22 01:59  nice!(0)  コメント(0) 

執筆中断ぎみだったのだよ [無名世界観日記?]

 優斗が無事と判明。といっても相変わらず何してるのかはわかんないケドネ

 というか以前(試練前)はこう便りがないのは元気な証拠ばりに情報がなくてもこうなんとかなるだろ的(正確には状況知ってもどうしようもないだろう)と思ってたんだけどねぇ……最近はまたカンジが変わりつつあるなぁ……。


 という事でネコリス物語の話書こうとしても二重の意味でかけなかった。一つは優斗の状況不明、もう一つは、あー、なんというかお題が難しかったのであった。

 結局最終日になんとか一つ投下したのであるが、書きかけやら内容的に微妙として投下やめたのやらがあったりする。(この前投下したの以外にネ) 更新ネタでそれ投下するかなぁ


2008-06-21 01:39  nice!(0)  コメント(0) 

スランプもどきな状態かね? [無名世界観日記?]

 ネコリスと子供たちに語る物語というイベントがある。書いてみた……が、どうも今は物語っぽいのが書けないカンジ……いや、理由はわかるんだけどね。そんなテンションじゃないんだろうなぁ……。


大事な人

あなたの大事な人は今、何をしていますか?

今、あなたの大事な人は何をしていますか?

遠くの青い空の広がる大地で、果てしない海の彼方で

あなたの大事な人は何をしていますか?

時には喧嘩をし、仲違いする事もあるでしょう

ある時は互いに気持ちを確認し合いその時を共有することでしょう

あなたの大事な人は何を思っていますか?

あなたはその人をどう思っていますか?

あなたの心は大事な人に届いてますか?

大事な人の心はあなたに届いてますか?

あなたの大事な人は今、何をしていますか?

あなたは今、何を思っていますか?


 わけわからん状態である(というか、こう詩っぽいカンジになったりして物語……


 ああ、そうか、基本物語とかを書く場合ネタ重視なトコあるからこのテンションで書けという方がムリか(設定文ならまた書き始めが違うので書けそうだけど……)

 と、思い、さきほどの文(詩?)は投稿するのは微妙だなぁっと思い、そしてそれならプログ更新ネタにしようと思ったのであった(というか、また更新速度落ちてるしネ)


2008-06-17 01:24  nice!(0)  コメント(0) 

しばらくぶり [無名世界観日記?]

 そういえば皇帝話からしばらくストップ風味だったのである。

 最近は……そう、国の新規アイドレスが開示された。

名称 = 共和国宇宙軍計画の発動(イベント)
 t:要点 = 一般性能要求{
 共和国宇宙軍計画は帝國と比較して大きく出遅れている宇宙開発に追いつき追い越そうという巨大計画である。宇宙ステーションを使わずに宇宙艦船そのものを運用しようというアイデアで建造された。地上離発着出来る艦である。当然、地上で発着できるスペースはなく、洋上で運用するものとされた。帝國のミアキスなどと比較すると小ぶりだが、StS運用まで考えると、コストパフォーマンス的には、良いのかもしれない。中程度の武装と数機のI=D運用能力を持ち、陸戦カーゴの輸送も出来たが、物資輸送能力は限られていた。専用の護衛機まで開発する念の入り様である。

 そう、今回はこれの話をしよう。

 てっきりイベントアイドレスなので、こうなんか発動してそれっきりで公募的イベントとかなんか発動するのかなぁっと思っていた。

 ……よく考えるとサイベリアン(にゃんにゃん共和国共通I=D)の派生なんだから開発チックな可能性もあったんだよねぇ、うん。
 
 という事で予想外に宇宙艦船作成開始である。それにしてもAD枠でI=D改良の方も選択してるし……うっかりすると兵器、機体関係の開発が今回多いなぁ(鍋の国は別にそれ系に詳しい人がいるわけではないです)

 いや、複数名、好きな人はいるけど、こう細かい部分はよくわかんないのねぇ。お船かぁ、ロボット系よりもちょいムズイよねぇなどと思いつつも作業は開始されるかんじである。


2008-06-08 17:32  nice!(0)  コメント(0) 

皇帝話 [無名世界観日記?]

 帝国の皇帝話をなんだかんだと見かける。

 こうていねぇ。あれ、かなりやっかいなんだよなぁ。敵(にゃんにゃんの国の人で鍋は東京)という意味ではやっかいだし、おそらく行動から考えると降伏すればなんとかなるわけでもないし。

 問題として公開(判明)している情報が全て真実か。とか、皇帝の判断と他の人の判断が一緒なのか? とかそういう所ってわかんないよねぇ……実際どういう事を考えてるのか? とかはわかんないから、もう結果で判断するしかないのか……。

 いずれにせよ、鍋の国は鍋には鍋(友好には友好)、火力には火力で迎撃……かなぁ……。

 というか、国が燃えない方法を模索して何か手見つかるといいんだけどなぁ


2008-05-28 02:34  nice!(0)  コメント(0) 

そういえば [無名世界観日記?]

 国のアイドレス工場が爆破された事により、鍋国に被害発生。

 そして何気にダメージ食らいました(工場爆発当日にネ)

 まさか、施設破壊でダメージを感じるとは思ってなかった……んだけど、こう思い入れってやつだねぇ

 ちなみに一日だけでその後は特に問題はない(といっても壊れた事実は残ってるケドネ)

 んー、まぁよく考えるとけっこう長い間鍋国で参加してるからねぇ(よく考えるとそろそろ一年もしくは一年過ぎたんじゃないかな?)

 


2008-05-21 01:37  nice!(0)  コメント(0) 

治療の旅にGO? [無名世界観日記?]

 視力治療に必要評価40……という事を質疑で聞いてきたのでついでに更新である。

 40といわれてもよくわかんないよと思う人もいるだろうが……まぁ、基本、普通には無理っていうことなのね

 ということで、わりとのんびりと治療方法を探す事にした。

 整備と違って治療行為を完全成功させるACEは現時点ではいないしねぇ(整備は森さんが可能)

 というか、治療の場合、普通の治療と魔法的な治療もあるだろうしなぁ(水の巫女なんかだと特殊な治療可能だったりするしねぇ)

 魔法薬とかそういうのかもしれないし……といってもACEの知り合いでそういうのに詳しい人……心当たりがないわけでもないけど、こう何度も頼るのもなぁ……などと思うのでひとまずじっくり方法探しかなぁ(函ゲームも考えたけど、あれで評価難易度下げるとしても40だと難しいんじゃないかな? などと思ったり……)


2008-05-18 17:57  nice!(0)  コメント(0) 

ひさしぶりーなオガサーへ [無名世界観日記?]

 小笠原(生活)にいってきた……。

 なんか、家とか航空機の前に視力回復の方を先に考えるべきっぽいカンジなのである。まぁ個人ACEになったら治せるというので元々年末から気にしていた事だったので、まぁ問題はないけど……。

 医者が難しいよなぁ。ACEで医者といえば、サーラとトラオ。

 サーラは義眼の方向っぽいし、トラオは……治せるのならば、本来の竹内優斗が治る機会もあるだろうし、げんじ……んー、どうなのかなー、一つ聞いてみる方法はあるけど……。

 あとの医者となると個人ACE持ちの人、もしくは個人ACEで医師のみなしを持っている人ってとこだろうなぁ。細かく考えたら他にもいるかもしれないけど、学兵じゃなくて医師で有名な人……榊ガンパレ小説版の人って呼び出せないのかねぇ……あー、でも治療師……んー、色々質疑とか場合によっては函なのかなぁ


2008-05-16 00:09  nice!(0)  コメント(0) 

前の15件 | - 無名世界観日記? ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]